車下取り査定ガイド

車を高く売る方法や日常的なメンテナンス、カスタムパーツが買取価格に与える影響など査定を受ける前に知っておきたいこと。

日産の概要と車種一覧

日産の車種一覧

ウイングロード
エクストレイル
NV200バネット
エルグランド
オッティ
キックス
キューブ
GT-R
ジューク
シルフィ
スカイライン
スカイラインクーペ
スカイラインクロスオーバー
セレナ
ティアナ
ティーダ
デュアリス
ノート
フーガ
フーガハイブリッド
フェアレディZ
マーチ
ムラーノ
モコ
ラティオ
ラフェスタハイウェイスター
リーフ
ルークス

日産の概要

日本国内二位の自動車メーカー、日産についてご紹介したいと思います。

日産の社長はかの有名なカルロス・ゴーン社長。
彼の経営手腕もあり、一時経営不振に見舞われた時も見事に復活を果たしています。

日産車は全世界で愛されています。日本国内でも多くの日産車を見ることが出来ます。
ハイブリッドカーの展開が他社に後れを取っているものの、その他の人気車種で販売台数を稼いでいます。

安全性能や環境に配慮した取り組みも多く、日本で一番初めに超低排出ガス仕様車の販売、車線維持と車間距離制御のオートドライブを取り入れたのも日産が最初です。

軽自動車に関しては、スズキ、三菱からの軽自動車の供給を受けています。
女性に大人気のモコ(日産)とMRワゴン(スズキ)のデザインが似ているのも、日産が軽自動車の供給を受けていることに起因します。

軽自動車の供給は受けつつも、独自の改良と日産らしい形状のデザインを取り入れることで販売において差別化を図っています。
標準装備の車も多く、安定した走行性と安全性を備えた車が多いのも特徴と言えるでしょう。

故障も起こりにくく、社用車として日産車が利用されることも多いです。

日産の代表者と言えば、スカイラインでしょう。
経営不振に陥ったとき、いったんは販売を中止したものの、多くの再販希望の声と、カルロス・ゴーンの経営手腕により販売を再開しています。

スカイラインは昔から日本にあるスポーティーな車として大変な人気になっています。
今でも街中には多くのスカイラインが走っており、以前のデザイン、使用のスカイラインも多く見かけます。
再版されたスカイラインは、デザインとその機能性にやや難があるようですが、スカイライン愛好家には待ち望んだ再販だったため、売れ行きは好調のようです。

スカイラインの特徴は、その車名からも想像できるように、快適な走行性にあります。
特に高速走行時には、車体が沈み、まるで地面にへばりついているかのような安定感を出すことが出来ます。

コーナリングもよく、山道や峠道でもなんなくすり抜けていきます。
多くの走り屋に愛用されてきた車でもあり、その魅力は今でも変わりません。
こういった走行性を出すために、日産は持ちうる技術の総力を結集してスカイラインを作っているようです。

日産は、自車のブランド戦略にも長けており、他メーカーの同車種タイプの中では、このスカイラインが独り勝ちと言ってもいいような状態でしょう。

公開日:
最終更新日:2014/04/21