車下取り査定ガイド

車を高く売る方法や日常的なメンテナンス、カスタムパーツが買取価格に与える影響など査定を受ける前に知っておきたいこと。

EVやハイブリッド車における下取りや買取での問題点

   

「EV?電機自動車」の問題点

 現在、国内自動車市場における「EV」の占める割合は、まだまだ過渡期であり、パーセントをのべるまでもない。車種もニッサンの「リーフ」と三菱の「ミーブ」シリーズ以外には、主要メーカーからは発売されていない。それにともない、中古車市場には、この2社の高年式車ぐらいしか出回ってはおらず、問題といえるほどの事はないように思える。しかし、近年のECOブームと、環境問題、ガソリンの高騰などにより、確実に台数をのばすはずである。それをみこして、さらに参入するメーカー、新規車種は増える事も間違いない。確実に伸びるジャンルはそう滅多にない業界である。

 考えられる問題点は、成長する分野だからこそある問題である。ひとつには、急激に進歩を続ける技術革新である。一般家庭の通常のクルマ買い替えのサイクルは、どのくらいであろうか。一頃より伸びたとはいっても、長くて5年くらいといったところか。今某社の「EV」を購入して、次の買い替え時期、つまり5年後には「EV」市場はどうなっているのか。これはユーザーも販売している自動車メーカーにも予測のつかない、未知の世界なのだ。

 考えられるのは、日々進歩する[EV」の肝である「バッテリー」の進化。今でも、進化した技術により、「EV」の大量生産の決め手となったが、5年後には必ず、新しい技術の「バッテリー」が主役となっているはず。その、走行距離も格段に伸びるであろう「EV」が販売される中、200?そこそこの走行距離の「EV」が、はたしてまともな価格で取引されるのかどうか、はなはだ疑問である。

 また、「バッテリー」の劣化という問題も無視できない点である。5年間仕様した「バッテリー」が初期の性能を保つとは思えず、相当の機能手板を覚悟しなければならない。
ガソリンエンジンでもそれは同じなのだが、部品の交換や修理が安価でできるようになるまでには、それなりの歴史を積み重ねている。モーター本体もそれは可能で、劣化部分の交換、オーバーホールは技術が確立されている。しかし、「バッテリー」はまだ、そうはいかない。
ガソリンエンジンでいえば、エンジン本体の劣化のようなものだ。エンジンは、いよいよとなったら交換という荒業ができるが、そうまで、しかも自費でやるケースは稀だ。
「バッテリー」も載せ換えということがありえるが、クルマ本体の三分の一をしめるといわれる価格の「バッテリー」を載せ変えてまで、5年以上過ぎた「HYBRID」車を乗り続けるだらうか。(HYBRID車のバッテリー交換は40?60万円といわれる。リセール品でも15万ぐらい。)ここはメーカーが「バッテリー」を無料で交換するような「携帯電話」のようなシステムを確立するまで問題を残すだろう。

 これが、パワーとか、クルマ自体の出来の問題であれば、安い高いのことで、他のクルマと同じ問題であり、心配ないが、24時間心配なく走行でき、短時間で充電できるクルマと、それらの実用に耐えられないクルマという、比べようもない差がある商品では、同じ市場で流通すること自体、困難であるはず。

 したがって、ガソリン等化石燃料を利用した内燃機関が普及し、安定した技術が確立するまでは、リセールバリューを期待しないほうがいい、ということになる。そのかわり、各種優遇税制や、補助金で、金銭面の負担を軽くし、成熟しないまでも、先端技術と環境にやさしい「EV」を乗る、ある種の優越感と使命感を満足させられるであろう。

「ハイブリッド」車の問題点

「EV」車同様の問題を抱えている「HYBRID」だが、トヨタの先行投資が功を奏し、着実に「普通のクルマ」になりつつある。「EV」に比べて、「バッテリー」への依存度が低く、他の技術革新、特にエンジン部分と、モーターの高性能化の比率も高く、その意味では問題はないかとも思える。
しかし、「EV」と同じく「バッテリー」の劣化は付きまとう。ある一定の年式、型式までは中古車市場での相場も高値を維持するだろうが、その後は一気に値が下がることもありえる。
ここは、「HYBRID」車を購入した方は新型、とくに「HYBRID」のパワーユニットが更新されていたら常に、買い替えていくべきだろう。「パソコン」と同じ様に、機能が目新しいうちに手放すべきだ。
現状では、「プリウス」の買取価格は高値を維持しており、「買取店」でも歓迎してくれる。という事実は記載しておく。

 - 買取・下取りの基本と高く売るコツ