車下取り査定ガイド

車を高く売る方法や日常的なメンテナンス、カスタムパーツが買取価格に与える影響など査定を受ける前に知っておきたいこと。

スカイラインの下取り相場と買取市場動向

   

IMGP1188

スカイラインの買取市場動向

 当時の富士精密工業、後のプリンス自動車工業が最初に販売を開始した「スカイライン」は、日産自動車との合併がなされた後もその名を変えることなく開発が進められてきた車です。
初代モデルからモータースポーツに参戦するなど、スポーツカーの王道として現在も人気を博しています。

 もともとセダンタイプの車ですが、それとは別のモデルとして「クーペ型」、「クロスオーバー型」などの派生車種も登場し、話題となりました。
特にこれまでの「R」から「V」に型式が変わった2001年の「スカイラインセダンV35」は“第三のスカイライン”とも呼ばれ、その大幅な軌道修正から賛否両論もありました。スポーツカーとして一時代を築き上げたスカイラインは、ユーザー層も走りを求める若者から中高年まで幅広く人気があるといえます。

 現行モデルのスカイラインは2014年2月に発売されたばかりなので、査定事情に関しては前モデルの12代目を中心にみていきましょう。
V36型の12代目スカイラインは2006年から発売されていたモデルです。先代で設定されていたMT仕様はなく、5速AT及び7速ATが用意されます。排気量は2.5L、3.5L、3.7Lの三種類があり、駆動方式はFR及び4WDとなります。

 排気量では経済的な2.5Lが人気のようです。とはいえそれ以上の排気量でも需要がないわけではなく、元値が高いこともあるのでそれなりの査定額となるでしょう。
ボディカラーは定番のホワイトやブラックが断然有利。グレード別で言えば「370GTタイプSP 55thリミテッド」、「370GTタイプSP」、「250GT FOUR タイプV」などが比較的高値で取り引きされやすいようです。

 スカイライン全体で見てみると、イメージが大きく変わったV35型以降は年式や走行距離を考えると以前より安くなりやすいようです。V36型も同じく、以前と比べると全体的に査定額は厳しい傾向にあるでしょう。
一方で、それ以前の古いモデルでも程度が良ければ高額査定も期待できます。例えばR34型のセダンタイプ、5速MTターボ車は希少性の観点からも高い査定になりやすいようです。

 スカイラインの様なスポーツ感の強い車というのは、嗜好性の強い車でもあります。加えてセダンタイプで走りを重視する車ですので、昨今のエコカーやコンパクトカー人気の自動車需要の流れからみると、それから外れている車と言わざるをえません。
スポーツカー、大型セダン、排気量の観点から総じて厳しい査定も少なくないことが予想されます。

 また、嗜好性の強い車となると査定先選びも重要です。スポーツタイプの車の扱いを得意とするお店なら良いのですが、そうでないのなら要注意です。
場所によっては査定金額にかなりの開きが出ることも考えられるでしょう。嗜好性の強い車であればあるほど、お店の好みも分かれることを念頭においておかなければなりません。

 スカイラインに乗っている人の多くは、走りを重視するユーザーではないでしょうか。無茶な走行やハンドリングで、大事な愛車に余計なダメージを負わせないことです。
車好きの人ならさほど心配いらないと思いますが、思わぬ過信が傷や故障のもととなる場合もありますので、走りを追求するあまり行き過ぎた運転は控えてほしいもの。勿論、内装の状態も清潔を保っておきたいでしょう。タバコの臭い、飲食の痕跡は残さない様に徹底しておきましょう。

 現行モデルのスカイラインに乗っている方はまだ売りに出すことはないでしょうが、先のことを考慮して今のうちから丁寧に取り扱っておきたいですね。
以前より査定事情が厳しくなっているスカイラインですが、新しいモデルとなると暫くは高値が期待できます。状態以外では手放すタイミングも大切です。
また、いずれのモデルでも自分のスカイラインの市場相場をチェックし、少しでも有利に商談を進められるよう備えておきましょう。

 国内での知名度はさることながら、特定に海外市場においても人気が高いのがスカイラインです。査定の際には海外市場と繋がりのある買い取り業者など、幅広い選択肢を視野に入れるとより高い査定金額をのぞめるかもしれません。

スカイラインの下取り相場表

2018年9月時点におけるスカイライン主要グレードの下取り相場表です。

実際の下取り・買取価格は車の状態や色、走行距離などにより違ってきます。
参考情報としてご覧下さい。

グレード 型式 駆動方式 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
370GT タイプP KV36 2WD 46
370GT タイプS KV36 2WD 25
250GT FOUR NV36 4WD 49
250GT FOUR
タイプP
NV36 4WD 67
250GT V36 2WD 34
250GT タイプP V36 2WD 55
250GT タイプS V36 2WD 62
370GT タイプS KV36 2WD 57 57 50 47
250GT FOUR NV36 4WD 118 92 69 49
250GT FOUR
タイプP
NV36 4WD 128 106 86 67
250GT V36 2WD 89 73 55 43
250GT Aパッケージ V36 2WD 67 50 37 25
250GT タイプP V36 2WD 104 84 39 35
250GT タイプS V36 2WD 158 138 117 62 52
370GT タイプSP
55thリミテッド
KV36 2WD 109 91 85
250GT FOUR
タイプP 55thリミテッド
NV36 4WD 128 106 104
250GT タイプP
55thリミテッド
V36 2WD 104 84 85
250GT V36 2WD 124 124
350GT FOUR
ハイブリッド タイプSP
HNV37 4WD 268 252
350GT
ハイブリッド タイプP
HV37 2WD 209 191
350GT FOUR
ハイブリッド
HNV37 4WD 193 187 174
350GT ハイブリッド HV37 2WD 212 202 187
200GT-t ZV37 2WD 150
200GT-tタイプSP ZV37 2WD 211
200GT-tタイプP YV37 2WD 226 239
200GT-tタイプSP YV37 2WD 238 230
350GT FOUR
HVタイプPクルエクスクルシブ
HNV37 4WD 275 275
350GTハイブリッド
タイプPクールエクスクルーシブ
HV37 2WD 240 239
200GT-tタイプSP
クールエクスクルーシブ
YV37 2WD 254 253
350GT FOUR
ハイブリッド タイプSP
HNV37 4WD 291 290
350GT ハイブリッド
タイプP
HV37 2WD 240 239
350GT ハイブリッド
タイプSP
HV37 2WD 282 260
200GT-tタイプP YV37 2WD 255 231
200GT-tタイプSP YV37 2WD 254 253
350GT FOUR
ハイブリッド
HNV37 4WD 223
350GT ハイブリッド HV37 2WD 215
200GT-t YV37 2WD 216
350GT FOUR HV
タイプSPクールXクルシブ
HNV37 4WD 332
350GTハイブリッド
タイプPクールエクスクルーシブ
HV37 2WD 263
350GTハイブリッド
タイプSPクールエクスクルシブ
HV37 2WD 306
200GT-tタイプSP
60thリミテッド
YV37 2WD 267
200GT-tタイプSP
クールエクスクルーシブ
YV37 2WD 267

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報 http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

表示の価格はあくまでも参考価格です。
実際のスカイラインの買取価格や下取り価格は市場の状況や車両の状態などによって変化します。

 - 日産車の買取相場